プレス・溶接の仕事

プレスの仕事ってどんなもの?

プレスの仕事は、車の車体部分の銅板を作るものです。鉄の板を切断し、巨大プレス機で数千トンの圧力をかけてプレスします。このような作業を経て、プレスのパーツが完成するのです。プレス作業は非常に高度な技術が必要になってくるので、資格保有者が行うことになっています。プレス作業で完成する部品は非常に重たいので、体力に自信のある人や力のある人にとっては活躍できる仕事であるといえます。また、部品の端は鋭利な形になっているので、怪我をしないように細心の注意を払う必要があります。このように、プレス工程は高い技術力を持った資格保有者が行うもので、常に慎重さを持って作業できる人が続けられる仕事です。そして、車を完成させるためには欠かせない工程です。

溶接の仕事ってどんなもの?

溶接の仕事は、主に「ガス溶接」と「アーク溶接」の2種類に分かれます。ガス溶接の場合は可燃性ガスを使うことになっており、アーク溶接はアーク放電と呼ばれる電気を使用した作業となっています。それぞれの作業は資格保有者が行うことになっており、「ガス溶接技能者」と「アーク溶接作業者」の2種類の資格となっています。溶接の仕事は火花が飛ぶことがあるので、火傷をしやすい作業ではあります。また、眩しい光を見る作業なので、目が疲れやすくなる傾向があります。日頃からゴーグルを着用して作業をするようにしましょう。視力が悪い人が溶接の仕事をする場合は、コンタクトレンズを着用するなど仕事がしやすいように工夫することをおすすめします。

期間工の転職は、数年程度同じ工場で勤めて一定のスキルを積んでから行うことで、恵まれた条件で採用してもらえる可能性が高くなります。